社員インタビュー02|採用情報サイト|埼玉県・群馬県・千葉県・茨城県・神奈川県・東京都・栃木県・長野県の新卒(総合営業職・総合技術職・SE(システムエンジニア)・準総合職・一般職(営業事務/管理事務))、中途(営業社員、得意先担当員(ルート営業)、業務社員、営業事務、ガソリンスタンド員)の採用情報|堀川産業株式会社

マイナビでエントリー受付中!

堀川産業株式会社 採用情報サイト

社員インタビュー

仲間と競い合い、刺激し合い一丸となって会社を盛り上げたい。直販本部 2013年入社 熊王 拓人

仕事内容を教えてください。

電力自由化にともない、弊社でも電力小売サービスを開始しました。そのタイミングで営業所から本社へ異動。電力小売サービスの担当として、販売員がお客様へ提示する切替メリットや解説などのマニュアル作成、キャンペーンの企画・運営を行っています。販売員経験があるので、どのように説明したらお客様に伝わりやすいかは、ある程度わかっているつもりでいますが、今現在、お客様と相対している販売員の声を積極的に聞き、現場への指示・指導を行っています。本社勤務となり現場から離れましたが、お客様のよりよい生活を願う気持ち、販売員へのリスペクトに変わりはありません。

仕事内容を教えてください。
電力自由化にともない、弊社でも電力小売サービスを開始しました。そのタイミングで営業所から本社へ異動。電力小売サービスの担当として、販売員がお客様へ提示する切替メリットや解説などのマニュアル作成、キャンペーンの企画・運営を行っています。販売員経験があるので、どのように説明したらお客様に伝わりやすいかは、ある程度わかっているつもりでいますが、今現在、お客様と相対している販売員の声を積極的に聞き、現場への指示・指導を行っています。本社勤務となり現場から離れましたが、お客様のよりよい生活を願う気持ち、販売員へのリスペクトに変わりはありません。

入社後、どのように仕事を覚えていきましたか?

入社1年目の社員を対象に、営業を行う上でのトーク術、身だしなみなど社会人マナーの研修が行われました。入社前は初対面の方と話すことに苦手意識を持っていましたが、社内研修で学んだことを持ち帰り、OJTの先輩や上司を相手に練習を繰り返すことで苦手意識を払しょく。更には、お客様を振り向かせるような会話術を身につけることができるようになりました。また、ガス器具などを取り扱う社外メーカーでの研修で、器具の知識をたくわえ磨くことができます。お客様先を訪問する際、器具の不良に対する的確なアドバイスや検査が行えるようになり、さらにお客様との信頼関係が築きやすくなりました。プロフェッショナルとして認められ、様々な提案にも聞く耳を持っていただけます。

入社後、どのように仕事を覚えていきましたか?
入社1年目の社員を対象に、営業を行う上でのトーク術、身だしなみなど社会人マナーの研修が行われました。入社前は初対面の方と話すことに苦手意識を持っていましたが、社内研修で学んだことを持ち帰り、OJTの先輩や上司を相手に練習を繰り返すことで苦手意識を払しょく。更には、お客様を振り向かせるような会話術を身につけることができるようになりました。また、ガス器具などを取り扱う社外メーカーでの研修で、器具の知識をたくわえ磨くことができます。お客様先を訪問する際、器具の不良に対する的確なアドバイスや検査が行えるようになり、さらにお客様との信頼関係が築きやすくなりました。プロフェッショナルとして認められ、様々な提案にも聞く耳を持っていただけます。

仕事で一番うれしかったことは?

入社後、配属された営業所には、3名の新卒販売員がいました。その中で、新規営業の獲得に出遅れた私。幼い頃から高校・大学に至るまで、ずっと野球漬けのスポーツ青年だったので、フィールドは違えど、勝負事には絶対に負けたくない。成約率を上げるために、どのような客先に足を運び、どのようにお話すればいいのか。自分なりのやり方を見出し、入社から1 年後、全エリアのトップクラス営業に贈られる新人賞を受賞しました。しかも、同期のもう一人も受賞。仕事はありとあらゆる場面でチームプレーだと思います。これからも仲間と競い合い、刺激し合いながら、一丸となって会社を盛り上げていきたいです。

仕事で一番うれしかったことは?
入社後、配属された営業所には、3名の新卒販売員がいました。その中で、新規営業の獲得に出遅れた私。幼い頃から高校・大学に至るまで、ずっと野球漬けのスポーツ青年だったので、フィールドは違えど、勝負事には絶対に負けたくない。成約率を上げるために、どのような客先に足を運び、どのようにお話すればいいのか。自分なりのやり方を見出し、入社から1 年後、全エリアのトップクラス営業に贈られる新人賞を受賞しました。しかも、同期のもう一人も受賞。仕事はありとあらゆる場面でチームプレーだと思います。これからも仲間と競い合い、刺激し合いながら、一丸となって会社を盛り上げていきたいです。

ページの先頭へ